誕生した優勝トロフィーを受け取る日本人チャンピオン

昨年、日本で唯一開かれる男子プロテニスの国際大会で日本人選手が優勝をしトロフィーを手にした。世界ランキングも上位を狙える位置におり数十年ぶりに現れ日本男子テニス界のスターである。彼の活躍はめざましいものがあるが、まさか日本ツアーで優勝するとはだれも想像していなかったうれしい誤算と言えた。優勝した日本選手よりもランキング上位に位置する選手が多数参加し、オリンピックで金メダルに輝いた現在の男子テニス界で4強と言われる選手も参加していたからである。日本の中でテニスの競技人口はスポーツの中で高い方ではあるが、観戦をして楽しむ人はさほどではない。国際大会が開催されても会場内は空席が目立つのが普通であった。しかし、日本人選手がトーナメントを勝ち抜きだすと、会場内に変化が現れた。観客席が埋まりはじめたのである。連日のスポーツニュースの報道で興味を持った観客が増えたのだ。決勝戦の会場は満員の人で埋め尽くされた。会場で生の試合を見ることのできた人は幸運である。日本人選手がトロフィーを受け取る瞬間を目の当たりにできたのである。1年に1度の国際大会で日本人が頂点に立つ。日本テニス界の悲願が現実になったのだ。彼の活躍によりテニスに関心を持つ人が増えたことはテニス界の発展のために大いに役立つ出来事となっている

優勝してトロフィーを手にする素晴らしさ

表彰台には大体、3人の人が登る事が出来るスペースが用意されています。しかし、どうあっても頂点に立つ事が出来るのは、やはり一人しかいません。勿論それは優勝者のみであり、そこで受け取るトロフィーの価値と言うのも、言葉では言い表す事が出来ないほどです。なので、その栄光を掴み取るためにも、参加している選手達は最後まで全力で頑張ろうとするのです。表彰台の頂点が用意されているからこそ頑張ると思われがちですがそうではなく、自分の中の努力の価値を証明する為とも言えます。そして、自分が今まで行って来た努力は全て無駄ではなく、人間が一つの事に向かって努力をする事の素晴らしさを証明する為に、競い合っているとも言えるでしょう。トロフィーや優勝というのは、あくまで結果です。もちろんそれは素晴らしい結果ですが、それだけではなく、そこに至るまでの過程にも、是非とも注目をしておきたいと言う事です。そうする事で、第三者として見ている側も、スポーツなどを見る時にもっと楽しむ事が出来る様になるでしょう。そして、彼らの生き様を知ったとき、自分も頑張らなければならないと改めて思う筈です。そういった場面から、少しでも勇気を貰いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*